2007年09月12日

千姫の小道

CIMG0159.JPG姫路城の西部は、商家も残っていて、一歩小道に入ると何かそれなりの古い建物が見られたりします。
建物の外枠がそのままで、中を近代化していく家が多くて、やはり昔の建築のままでは住みにくいのですね。でも、きちんと保存していく姿勢は素晴らしいことです。

姫路城のお堀も歩きました。

ここはこの城のお姫さまの千姫の散歩道であって、お城の城壁とお堀のきれいな小道でした。;CIMG0174.JPG今回は、ぼくを含めて5人の旅行でしたが、女性陣をさしおいて、千姫の小道にふさわしい人として鈴木太一くんを写真にとりましたぴかぴか(新しい)

途中、姫路文学館に行ってきて、お夏清十郎の特別展をやったときのプログラムを購入。
かなり詳しく書かれていて、初めて知る事実や、詳しい事情や地図なども書いてあるので、とても参考になりました。


白岩知明
posted by 但馬屋 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

商家を歩く

さてと。しばらく更新していなかったが、また、姫路旅行の続きを書こうと思います。
平岩弓枝さんの小説の『お夏清十郎』でも、登場人物は何度も姫路に視察・研究の旅行に行っているのです。こちらは、何度もというわけにはいかないのですが、存分歩き回りました。

2日目は、ホテルのあった姫路市の真ん中からスタートです。このあたり(坂元町)には芝居小屋があったそうで、真山青果はそこまで調べたのでしょうね、戯曲にも出てきます。

CIMG0135.JPG
姫路城の南西から西側を見ていきます。
このあたりには、古い商家があるとの情報を得て、うろうろ探しながら、暑い中歩いていきました。

商家の特徴は、軒の幅が広いというよりも、現在の住居と比べて、奥行きが深いということですそのために屋根も高いし、大きな家になります。ひとつひとつの家にいくつもの部屋があり、住み込みの従業員なり、家の主人の一家なりが暮らす住居用の場所もあれば、店の仕事場・玄関もあります。。CIMG0169.JPG
木の格子や裏木戸などが情緒を感じさせます。
とはいっても、まだ、このあたりの商家は但馬屋ほどは大きくないでしょう。但馬屋は現在で言うと、駅前に大きくビルを建てるようなものですからね。

白岩知明
posted by 但馬屋 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。