2007年08月26日

8月の準備稽古2日目

準備稽古の2日目を終えました。会場も使いなれたところであって、落ち着いて稽古をできました。晴れ

今日は未来さんの主導でシアターゲームをやりました。さまざまな新しいゲームや新鮮な試みをしてみました。
アンサンブルの空気を読みながら自分の動きをしていくことが必要なゲームでは、周囲を感じることが要求され、そのなかで自分の動きをしていくことの難しさを痛感しました。
後ろ向きの人間に声をかけて振り向かせる訓練では、まっすぐに当人に声を当てるのが難しく、いろいろな呼びかけや、もっと相手に響く呼び声が必要になりました。また、声をかけられたことを察する感覚も。

エチュードも5組行いました。
どうしても言葉だけ・相対するだけのやりとりになってしまうのを打破したく、あるひとつの意図を行うべくつねに行動をしている状態を作りだそうとしました。どれほど役者が理解して行っていたかはわかりませんが、いくつかの組はそれをうまく利用していたように思います。

言葉芝居、感情芝居は避けたいですね。実際の生活ではどんな緊迫した状況でも、ある行動をし続けています。それをつかみたい。

8月の稽古は終わりでも、まだまだやるべきことはあります。やり続けますパンチ


白岩知明
posted by 但馬屋 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月の準備稽古1日目

8月の準備稽古をやりました。説明しておくと、月に2日『お夏清十郎』公演のための稽古の予備稽古を、4月から行っているのです。長期的なスパンで取り組むことと、出演者の選定も兼ねています。

今日も新しいメンバーや候補者が稽古に参加しました。

シアターゲームと言語発声の練習にとられる時間が多くなるのが問題点でありまして、今日もそれらに費やす時間が多くなってしまいました。ある程度はそれも止むを得ません。初めての参加者を溶け込ませるためです。しかし、ぼくのペース配分も問題であります。まだまだですふらふら

今日はスタッフの板津未来さんと念入りに打ち合わせ、反省をしました。まだまだ課題は山積み。いい環境を作るべく努力を誓いあいました。ほんとに助かります。

今日のエチュードの出来は、全体的には、時間もかけられなかったこともあり、いまひとつでした。進歩している役者もいました。もっと鋭い葛藤を見つけていき、それに熱くなれるような取り組み。もっと高いレベルのものを要求していくことも必要かもしれません。雷


白岩知明

posted by 但馬屋 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。